PRODUCT INFORMATION製品詳細

のサムネイル画像

SMH-02B01:赤外線アレイセンサモジュール

概要

SMH-02B01は、16×16画素でエリアの赤外線エネルギーを検知し、放射温度に換算して出力できる、サーモパイル型赤外線アレイセンサモジュールです。 Siレンズ光学系が実装されており、内蔵するA/Dコンバータ付きMCUにより、各画素毎の換算放射温度、および、センサチップ上に搭載されている温度センサによる環境温度を、同期式シリアルインターフェースからデジタル出力します。
また、20~200倍の倍率可変プリアンプをセンサICに内蔵しており、制御ソフトウエアにより検出温度範囲の切り換えが可能です。

アプリケーション

省エネ用人検知システム
防災監視機器
セキュリティ機器
簡易サーモグラフィー装置
エアコン

特長

  • 16×16構成 256画素
  • 視野角:90度(両端素子ピーク間)
  • 放射温度分解能:±1.5℃
  • フレームレート:4/2/1/0.5 FPS(ソフトウエア切替え)
  • 電源電圧:5.0V±5%
  • 消費電流:10mA(typ)
  • 保存温度:-20~80℃
  • 動作温度:0~50℃ ※氷結および結露なきこと
  • 10bitADCによるデジタル出力(4線同期式SPI)
  • 電圧値および放射温度換算出力が可能
  • 倍率可変プリアンプの倍率切換により検出温度を約250℃まで拡大(25℃環境)
  • バンドギャップ型温度センサによる環境温度検出機能、温度補正係数内蔵

製品サイト

この製品に関する
お問い合わせはこちら